チームマネジメント 部下育成

やる気のない社員がいます。どうしたらいいですか?【管理職必見!】

【読了時間 約 15 分】

『やる気のない社員がいます。どうしたらいいですか?』

 

このテーマに関しての答えは

 

「ほっときゃいいんじゃない?」

 

一見冷たく見える対応ですが、その対応の真意を今からお伝えしていきます。

 

充分な技術やスキルを持って、なおかつ明確な夢を持っているような社員を採用できる組織は、一握りのITベンチャー企業くらいのものではないでしょうか?

上昇気流にのっている業界と、そうでない業界では「この会社で働きたい!」と集まってくる人が違います。
(あくまでも一般論として)

 

ある程度市場が成熟した業界、美容業界のような人材不足が問題になっている業界。

はたまた、介護業界などの人材育成にテーマを抱えている業界では、従業員の『やる気がある・やる気がない』は大きなテーマとされることがよくあります。

 

また組織の成長を大切に考えている経営層は、部下に「やる気を持って欲しい」と思うのは当然のことです。

しかし、 当然過ぎるからこそ様々な盲点が生み出されます。

 

記事の信頼性を担保する情報

  • 1,000人以上の人間関係に悩む経営者・幹部にエグゼクティブ・パーソナルセッションを実施
  • 経営者・経営幹部・ビジネスパーソンに対話と人間関係の仕組みを伝える企業研修を提供
  • これまでにのってきたご相談を100にまとめた〈相談実例100〉あり

 

やる気のない社員がうまれる背景を知る

『やる気のない社員はなぜうまれるのか?』

 

ここでは社会の成り立ちから考えてみましょう。

現代の義務教育は(かなり横暴に言ってしまえば)ルールとシステムを守ることを前提に構築された教育です。

チャイムが鳴ったらみんなが同じ時間に、同じ場所に強制的に移動することを前提としています。
(これが良いか悪いかの議論ではありません)

このような教育システムが義務教育だけでも9年間続きます。

ある意味で、組織の中で自分の思いを表現する制約を9年間受けてる状態です。

結果、指示を待つような体質になっても何ら不思議では無いと思いませんか?

 

自分の気持ちを充分に味わい、自分の頭で考え、行動する。

その結果に責任をとる。

 

これが人間の自然な状態であり『やる気』を発揮していくベースです。

自分の内側から生まれた動機に対して、素直であれば「やる気がない」という状態はありません。

 

余談ですが、スモールビジネス・中小企業の社長などに会うと、多くの人が青年期の学校生活では、そのシステムに対応できなかったようです。「違和感を感じていた!」という人も多くいます。

また教育システムに違和感を抱いていることを認識していた人のほうが、良い意味で常識外のことをスタートしやすいようです。

ボクも子供の頃、学校のシステムに馴染むのは苦労しました。

グレてはいませんが、どうしても組織のルールが自分の中に入っていかなかったのです。

結果、大人になってから沢山の人からその時々に必要なことを教わり、必要な本を読み、なんとか生きてきた感じがします。

いまだに、当時の名残のようなもので「みんなが、こうしろって言ってるよ!」みたいなことを言われると、

 

誰が?みんなって誰???

じゃあ、みんな連れて来て!!!

みんなと僕が話すから(笑)

 

といった、メンドクサイ自分がいたりします。

 

やる気のない社員は学校教育や家庭の影響で、自分のやりたいこと、感じている気持ちをおざなりにしてしまうクセがついてしまっている可能性が高いです。

活気のある組織運営において、やる気のない社員を生み出さないようにするのは大切です。

そのためには「やる気のない社員」の背景も含めて理解していきましょう。

 

 

やる気のない社員が抱える5つの問題を知る

やる気のない社員に対して「やる気を出させる」というのは不毛な行為です。

まったく無意味なことです。

 

なぜなら「やる気のある状態」というのは、本来とても自然な状態だからです。

そのため、やる気を出させるために特別なことをする必要はありません。

 

ただし「やる気を無くしてしまう理由」を知っておくのはとても重要です。

『やる気の出やすい職場環境』を構築するのに役立つからです。

 

ちなみに"やる気"は評価する側の心象としては存在します。

しかし、評価の対象であってはいけません。

やる気があるから評価が高い、やる気が無いから評価が低い。ではなく、仕事は『成果』と『プロセス』で評価をするものだからです。

 

ということで「やる気がない」・「やる気を失う」のよくあるケースをご紹介します。

 

 

自分の資質に仕事内容が合ってなくてやる気がない

仕事に中長期的に取り組むことを考えた場合は、自分に合う仕事・合わない仕事というのは確実に存在します。

例えばボクはmacで動画を創ったり、様々な記事を書いたり、コンテンツ制作を楽しんで取り組んでいます。

 

しかし、エクセルを開くとなんだかテンションが下がります。

きっと…というか絶対、自分に合ってないのです(笑)

エクセルでできることにワクワクできない。

 

全く使えないのは困るので、必要最低限は使用しますが、事務仕事を一日中することを想像しただけで

 

「無理です!スミマセン」

 

と叫んでしまいます。

 

仕事内容があっていない人が、合っていないことをずっと行う。

それはとても苦しいことです。

「そりゃあ、やる気が出ないよなぁ」と想像するのが簡単です。

 

仕事の内容がどれくらい自分に向いているのか?

向いていないのか?

向いていることをどのようにすれば増やせるのか?

合っている仕事と合っていない仕事の比率について考え修正していくこと、わりと取り組みやすいことが多いので、ぜひ見直してみることをオススメします。

 

 

会社(お店)で一緒に働く仲間と合わないからやる気がない

上司や、仲間と「なんだか合っていない」というのは、本人にとっても組織にとっても切実に感じてしまうことです。

個人的な意見としては、無理に合わせる必要は無いと思います。

 

しかし、あまりにも同じ組織にいる仲間と価値観が離れていると『共感』しあえないので、お互いに苦しくなるのも事実です。

 

例えば、ボクが明日から医師の中に混じって仕事をするのはハードルが高いです。

それは医師になる人とは、10代の頃に経験したことが違いすぎるし、勉強してきた時間も違います。

つまり、バックボーンが違いすぎて、相手の苦労や悲しみ、喜びをボクは体験していないので、自然発生的な「共感」が生み出されないのです。よって価値観が合いにくい。

 

ここまで極端な例じゃないにしても…

「お客様に奉仕する」という気質が絶対的に大切な職人仕事の現場に、コンサルタントのように「思考」を中心とするような気質をもった人が入ってしまった場合も『なんだか合わない...』という感覚を覚えると思います。
(よほど立ち位置と役割が明確で、それに合わせた混ざり方をする場合は除く)

 

「仲間との価値観」というマッチングは"入社前に自社の仕事を体験してもらえる機会を創る"で、ある程度は解決できるように感じます。

 

 

従業員個人の"人生のイベント"の影響でやる気がでない

やる気には波のようなバイオリズムがある。

やる気がある!という時もあれば、やる気がない…という時もある。

やる気とは心の問題なので、コロコロ変わるということを前提にしなくてはいけません。

▪ 彼女・彼氏ができた時
▪ 彼女・彼氏と別れた時
▪ 結婚した時
▪ 離婚した時
▪ 家族に不幸があった時

などなど…

どんなイベントでやる気が出て、やる気が出なくなるのかは人それぞれです。

しかし、人生には様々なイベントが起こり、やる気に変化を与えるのが一般的です。

 

この辺を考慮して「会社は社員とどんなお付き合いしていくのか?」がテーマになります。

 

ただ、こんなことを書くと「ビジネスを舐めるな!」と言われてしまうかもしれません。

プロフェッショナルの世界では、「プライベートを仕事に持ち込むな!」と言われます。

プライベートの感情のブレを仕事に出すのがN.Gなのはわかっています。

 

しかし、こう考えてみて欲しいのです。

例えば、営業マンが「結婚を期に家族を養う!」という意識から仕事に集中し良好な成果をあげる。

といった事例は珍しくはありません。

 

ビジネスには常にプライベートの感情が影響して当然です。

そんな当然のことを受け入れた方が、ナチュラルにモノゴトを判断していけるのではないでしょうか?

“べき論”をどれだけ叫ぼうが、チームマネジメントや人材育成に役立たないのであれば無意味です。

『感情』は仕事とプライベートと切り離すことのできないものです。

 

ちなみに自身の体験では、プライベートのイベントで気持ちがブレたことは少ないです。

しかし、一度だけとても哀しいことがあって、その時はプライベートがガッツリ仕事に影響しました。

 

哀しいことが起こった翌日も仕事をバリバリしていましたが、心にはポッかり穴が空いた状態でした。

哀しいデキゴトを無かったことにするかのように、仕事に集中していきました。

しかし、心が壊れていたので「人の気持ち」を完全に無視して、効率のみを追いかけることにヤッキになっていったのです。

 

その時は、長い期間にわたって自分の心を軌道修正できなくなってしまいました。

 

この体験も踏まえたうえで、やる気には種類があること。

「やる気」の奥底にある『根本的な動機』が大切なことを理解しました。

誰かを「見返したい!」とか、「向き合うべき問題から逃げるため!」の「やる気」は永続性を持たず、本人も周囲も苦しめるのです。

 

 

会社の将来に不安を感じていてやる気がない

「この会社にいても、将来が不安です。」

 

こんな理由から従業員やスタッフはやる気をなくしていくことがあります。

実体験として、過去に言われたことがありました。

 

その時は「ボクもだよ。将来のことを考えると、誰でも不安になるようにできているから」

と伝えたのと同時に「目の前のことに完全に集中しよう」と声掛けをしました。

誰だって将来に不安を感じることがあります。

 

SNSのネガティブな投稿を見るだけでも不安になれます。

SNSには不安を煽って、他との差別化を示して、自分たちのやっていることを証明しようとしている「いまどき!」なマーケティング手法&マーケッターが溢れているので「自分はダメだ」とか「自分には〇〇が足りない」と思うのは簡単なことです。

面白いのは「これからの時代は共感だ〜」とか言いながら、不安を煽るキャッチコピーを使用しているマーケッターの存在です。

 

話しがそれたので戻します。

個人的な不安を会社のせいにする人は「会社が自分に合っていない」と考えるようになるのです。

そして、自動的にやる気のない状態に突入していきます。

 

「個人的な不安」とは自分の感情なのです。

自分の感情に無責任な人は、必ず他者のせいにします。

やる気うんぬんの前に、「自分の感情に責任を持つ」ことの大切さを伝えていく必要があると思います。

 

 

やる気の高い人がやる気のない人を生み出してしまうパターン

やる気がありすぎる人と、普通の人がいるとします。

やる気がありすぎる人があなただとします。

 

あなたは、普通の人にも自分と同じような時間の使い方を求め、自分と同じように学び、仕事に取り組むことを求めます。

あなたのやる気についてこれない人は?

あなたにとって、もちろん「やる気のない人」に成り下がるわけです。

普通の人だったのに、あなたが関わりだしてから、みるみる”やる気が低下”していきました。

これも、やる気がない人を生み出すパターンです。

 

やる気モリモリなのが問題ではありません。

相手に、合意をとらず「求めること」が問題なのです。

 

中には、このような体験を通して「自らのやる気」をトーンダウンさせて調和を図っている人もいます。

しかし、それは本質的な解決策ではありません。

組織全体に、そしてお客様に対して大きな損失を生み出している状態です。

大切なのは合意をとっていく対話が大切です。

 

 

やる気のない社員への対処法

ここまでは、やる気のない社員が生み出されるパターンを社会・パーソナル・人間関係という点から掘り下げてきました。

 

ここからはやる気のない社員に対しての具体的な対処法です。

かなり深いところまで、アンサーを掘り下げますので、読者の方はついてきてくださいね。

 

ではいきます!





「ほっときゃいいんじゃない?」

以上です。

 

やっぱり、これにつきます。

これ以上はホント何も無いです。

ただ、シンプルすぎるので、ほんの少しだけ説明を加えます。

 

 

会社(お店)がやる気のない人を雇用できる規模になってしまっている

お客様のことにフォーカスしていて、みんなが忙しく心身ともにほどよく疲れるような事業規模の時には「やる気がない人」は、会社にいることができません。

 

事業規模が大きくなりやる気のない社員も雇用できてる状態は、いわば贅沢病のようなものかもしれません。
(念のため!この記事は心身ともに健康で、単純にやる気のない人に対して経営者・マネージャーがどうすればいいのか?ということを書いています。会社の不当な行いによって、やる気を失ってしまっている人のことを書いているわけではありません)

贅沢病が加速すると会社(お店・チーム)全体に淀んだ空気が流れるでしょう。

従業員のことをいる・いらない。というのは、言葉上も意識上も好きではありませんが、お客様のことを第一に考えてくれない人とは、一緒にいたいとは思いません。

 

逆説的ですが、会社がお客様にフォーカスしていくのをやめると、やる気のない人は生み出されていきます。

 

 

人材育成の達人!吉田松陰でも教えるの無理と感じた人の特徴

人材育成でも有名な吉田松陰でも、門下生の中に「こいつは無理だなぁ」と感じた人がいるそうです。

その人達(2名)の特徴は「感じない」だったと、本で読んだことがあります。

 

感受性が著しく低い人に対して「感じろ」と、どれだけ言っても無理なことなのかもしれません。

やる気とは、何かに心が動いたところから湧き上がるものです。

心が鈍い人には「どうしよもない」と割り切るのも大切です。

 

 

「やる気のない社員がいます。どうしたらいいですか?」の真のテーマは?

この質問の一番の問題は、やる気のない社員を問題視している人の”心”にあります。

 

社員のやる気を計測してしまうのも、「やる気を持って欲しい!」と思うのも、全ては部下を見る側の経営者や上司のフィルターでしかありません。

 

やる気のない人を見ている時、同時に「やる気のある人」を見ることはできません。

せいぜい、やる気のある人・ない人を比較して順位をつけることしかできない思考回路に陥っているのです。

これが一番の問題です。

 

どれだけ凄い潜在能力を持っていても、どれだけ仕事覚えが速くても!

人は自主的に「やる」と思ってはじめて、その能力を発揮します。

他者がコントロールできることではありません。

 

カンフル剤を注入するように、報奨などで一時的にやる気を上げたとしても、育成という観点から言えば本質的な改善をしたとは言えません。

モチベーションアップのカンフル剤を打ち続ければ、『モチベーション中毒者』をつくりあげます。

これが、会社と社員が「共依存」の関係になるきっかけとして最も多いパターンではないでしょうか?

 

 

やる気のない社員に経営者・マネージャーができる5つのこと

  1. 自分が可能な範囲で、話しを聞いてあげる
  2. 自分が仕事で素晴らしいと感じることを伝えていく
  3. 仲間に"あなたのことが大切な人"だと伝える
  4. ほっておく(これも愛)
  5. やる気を失わないような環境づくりを普段から取り組む

 

 

まとめ

いかがでしたか?

あなたは、自分のやる気をどうセルフマネジメントしていますか?

もし、あなたが自分の才能を充分に発揮し情熱的に仕事に取り組んでいるなら、それは外部からの操作を受けているわけではないと思います。

外部の影響を受けたとしても、操作はされていませんよね?

 

「どうしたらいいのか?」に唯一の正解!は無いです。

常にビジネスシーンはケース・バイ・ケースです。

だからこそ、自分なりの思考軸を創り、仮説を立てる。

そして、実際に目の前の大切な仲間と対話して、解答を常々ブラッシュアップしていく。

 

このサイクルを回していくのが現実だと思います。

 

最後に。

やる気の無い社員にあなたが引っ張られないようにしてください。

やる気のない人のことばかりを考えていると、自分のやる気も失せますから!

 

この記事をお読みいただいた方にオススメの動画

  • この記事を書いた人
田口 淳之介

taguchi-j

経営層1000の悩みに返答してきた実績を元にコラム更新しています。 経営者・ビジネスパーソンに利益と笑顔をもたらすためには☑︎対話スキル ☑︎人間関係の仕組みに対する理解は必須!ご質問・ご要望がありましたらお気軽にご連絡ください。

-チームマネジメント, 部下育成

Copyright© 田口淳之介公式サイト , 2020 All Rights Reserved.